用心棒として税務署と戦う税理士

用心棒として税務署と戦う税理士

用心棒として税務署と戦う税理士

税理士の顧客となる会社には、敵と味方がいます。
まず味方ですが、これはもちろん税理士のことです。もっと良く知りたい方はここ千代田区 会社設立

 

わざわざ顧問料を払ってまで契約をしているのですから、いわば用心棒のようなものです。
一方敵と言えるのが、税務署です。参考にしたのはこのサイト会社設立 千代田区です。

 

もちろん、何も悪いことをしていなければ税務署とて敵ではありません。税務についてはここ千代田区 税理士がおすすめです。

 

しかし中には、会社と税務署の間で見解の相違が生まれてしまうこともあります。
その結果、修正申告をしなければならないという事態になってしまうことも。ポイントは東京 税理士こちらのサイトです。

 

そこでしっかりと顧客の用心棒として機能してくれるかどうか、それが税理士の良し悪しに大きく関係してきます。
法律の専門家である税理士は、法律や判例に熟知していなければなりません。
法律や判例を振りかざし、税務署の見解の違いをただしてくれる、それが税理士のあるべき姿です。
それにはもちろんしっかりとした根拠がなければいけませんが、戦う姿勢が見られる税理士をおすすめします。要点を知りたいなら千代田区 ファナンシャルプランナー←ここです。


ホーム RSS購読 サイトマップ